【お知らせ】スエルテアルタ オリーブオイルの到着想定時期について(2月26日時点)

Google Mapsより

スエルテアルタのオリーブオイルは、2021年12月の始めに製造を開始し、12月20日は現地にて集荷されました。

その後、2022年1月7日に船が出て、今はシンガポールにいます。

荷物の積み替えが終わり次第3月10日東京港に到着予定と出ているのですが、トラッキング情報によると「Tokyo の入港日が 2022年3月10日 の予定より5日間遅れています。」となっていました。

そのため、3月中旬に東京港には着く見通しですが、通関許可、出荷準備を経て、4月上旬に皆様に発送できるようになると思われます。

今回は発注を早めにしてこの航海ですので、もっと発注が遅ければ、4月下旬頃の入荷になっていたと思います。お待たせし続けておりますが、これでも早い方だと思って頂けましたら幸いです。

スエルテアルタ オリーブオイルのご予約はこちらから

エクストラバージン オリーブオイルの最高級品は?

エクストラバージン オリーブオイルの最高級品は、何で決まるのでしょうか。

最高級という表現はいささか過剰であるのと、販売者が言うのは憚られることなのですが、業界として言えることがあります。

エクストラバージン オリーブオイルの品質は、エクストラバージン オリーブオイルがそうである条件以外に、別の条件があるということです。それを幾つか列記してみました。

 

1.新鮮であること

酸化した油を摂りたい人はいませんので、新鮮さが重要な要素であることは言うまでもありません。

エクストラバージン オリーブオイルの要件として、酸度(酸化度)が存在することは事実なのですが、酸度だけが新鮮さを表す指標ではなく、寧ろ、測定後に徐々に酸度が上がっていくことは当然である以上は、酸度が上がりにくいエクストラバージン オリーブオイルが新鮮であると言えます。

それには、ポリフェノール量が重要です。

ポリフェノール量は、産地、果実採取方法、搾油方法、保存方法、充填する容器、容器に入った後の輸送環境、保管環境等によって含有量が変わります。

この中で、メーカーが関わっているのは、最後の保管環境以外の全てです。

まず、産地は、砂漠に近いか、地中海性気候の環境であるほどにポリフェノール量は増える傾向にあります。湿度の高い地域、水がすぐに得られる環境下では、ポリフェノール量の余り多くないエクストラバージン オリーブオイルができやすくなります。

また、果実採取の方法は、最も迅速に終えられる方法、つまりは機械式が望ましいです。手摘みは非常に時間がかかり、オリーブ農園の規模や製造者の従業員の人数によっては収穫の最中に日光にあたって酸化するリスクが高まるからです。

近年の機械式の果実収穫は、オリーブの木を傷めにくいように改良が重ねられており、環境にも配慮されています。

当店で扱うオリーブオイルは、米国バリアーニとスペインのスエルテアルタから輸入しております。スエルテアルタでは当店が輸入開始する前から、機械式のオリーブ果実の摘み取りを行っていました。米国バリアーニでは2021年秋産から機械式の摘み取りに変更しています。

さらに、摘み取り後、最長でも4時間以内に搾油を行っているかどうかが重要です。オリーブ果実は、収穫後に日光を浴びることで徐々に酸化していくため、収穫後に短時間で搾油しなければならないためです。

業界の平均値はわかりませんが、自社内に搾油施設がなければ共同搾油所に運び込み、順番を待つ必要があるため、かなりの時間が経過している可能性が高くなります。

当店で輸入するオリーブオイルを製造している米国バリアーニでは最長で果実採取後4時間以内、スペインのスエルテアルタでは最長で2時間以内に搾油を開始しています。

そして、いずれも搾油方法は低温での温度管理がなされ、空気に触れない機械管理の製法で、空気に触れて酸化しやすい御影石による中世古式製法は行っておりません。

また、オリーブオイルの保管はステンレスタンクで温度管理がなされ、遮光瓶に充填し、赤道を通るスペインからはリーファーコンテナ便、アメリカからは北太平洋航路で海温の低い海域を通って温度管理しており、日本到着後も定温倉庫で管理しています。

 

2. 透明性(transparency)


透明性とは、最も新しい年度のオリーブオイルであることを考えられる最善の方法で明示しているかということです。

本件がなぜ重要であるのかは、オリーブオイルに関する多くの偽装事件を見れば明らかでしょう。

世の中には、次のようなオリーブオイル製造業者がいます。不作の年のために、豊作であった年のオリーブオイルを貯蔵しておき、その年にできたオリーブオイルとして出荷するのです。

この場合、賞味期限ラベルだけを貼り付けて出荷しているため、消費者が手に取った時に、「ああ、新しいものなのだな」としか思いません。

しかし、中身がそうであるのかどうかは、食べてみなければわかりません。

機械式の摘み取りを行い、短時間で搾油をしているといっても、日本の消費者に届くオリーブオイルが数年前に製造されていたとしたら、残念でなりません。

これは製造者と輸入者、消費者の全員がテイスティングすればよいことなのですが、メーカーが自主的にこれを開示していることが重要だと私達は考えています。

米国バリアーニとスペインのスエルテアルタでは、ラベル上で果実採取時期とボトリング時期を明示しています。

これは、同業者による不正行為を見て、彼らのように思われたくないという崇高なプライドで、私達が輸入を開始する前から彼らが行っている誇りある自衛行為なのです。
参考:エクストラ バージン オリーブ オイルの本物の探し方

 

3.オリーブオイルのもう一つの価値尺度

オリーブオイルの価値として私達が提案したいのは、うま味です。香りがどれだけ強く、華やかであるかも重要な要素であると思いますが、オリーブオイルは香りだけを楽しむものではなく、食べるためのものです。

ですから、美味しいかどうかが全てであると考えています。

では、オリーブオイルの美味しさは何で決まるのでしょうか。

それは、土壌の栄養分がどれだけ果実に取り込まれ、うま味として残したかではないかと私達は考えています。

それは、米国バリアーニとスペインのスエルテアルタの両方が認めていることなのです。

「よいオリーブオイルかどうかは、土の色を見ただけでわかる」、とスエルテアルタのオーナーであるマヌエル侯爵は言っています。やはり、作り手が一番わかっていることなのでしょう。

そのうま味とは、オイルのみを口に含んだ時に、ポリフェノールによる辛味や苦味などを感じた後、口の中で感じる心地よく、満足をもたらすものです。

他の質の高いあらゆる食を通して感じられるうま味とは別の美味しさ、うま味が、オリーブオイルでも感じられます。

そういったものがどれだけ含まれるのかで、最高級オリーブオイルとしての評価がなされるのではないかと当店では考えています。

エクストラバージン・オリーブオイルは世界に沢山出ていますが、私達にとっての最高級は、創業以来輸入するバリアーニ、そして2016年から輸入を開始したスエルテアルタのオリーブオイルです。

その中でもバリアーニのグリーンオリーブオイルは突出しており、このオイルには他にはない濃厚なうま味があります。それは、お客様からのレビューでもご確認頂けます。

これらのオリーブオイルを、自信を持ってお勧めいたします。

当店で輸入する全てのオリーブオイルをどのように選べばよいのかについては、以下のエクストラバージン オリーブオイルの選び方ページをご覧くださいませ。

エクストラバージン オリーブオイルの選び方

【お知らせ】送料と感謝プレゼントの改定

々、送料や多くの商品、梱包資材が値上げされており、コストが非常に高い取扱商品も増えておりますため、当店で全てのコストを吸収することが困難になりました。

お客様に喜んで頂きたくて、精一杯続けてきたことでございますが、大変心苦しくも送料及びご注文時の感謝プレゼントについて、次のように変更させて頂きました。

▼送料:税込715円→税込770円に変更

▼送料無料のご購入額:税込5,500円→税込8,000円に変更

0の付く日のご注文感謝プレゼント:今後は、「まとめ割」(まとめ買い割引)をご利用の方にご注文感謝プレゼントを同梱させて頂きます。

お客様には誠に申し訳ございませんが、諸事情ご賢察の上、何卒ご容赦願います。

【バリアーニ農園便り】新ものテイスティングと船便予約

コロナ禍でバリアーニ農園に立ち入れないため、現在はテイスティング用のサンプルをバリアーニ家から送ってもらい、オンラインでディスカッションしています。

今年届いた新もののオリーブオイルは、まずレギュラーからテイスティングしました。

バランスがよく、ポリフェノールの辛味や苦味がしっかりとあり、濃厚なうま味がたっぷりで、昔のグリーンオイルより遙かに美味しいです。

レギュラーでこの旨さなら、グリーンはどうだろう?と期待に胸を膨らませてテイスティングしたところ、、、

エネルギッシュでビリビリとくるポリフェノールの強さ、フレッシュ感、心地よい苦味と辛味、暴風雨を生き抜いた生命力をアピールするうま味が非常にバランスよく、一切のストレスフルなエグ味のない、

まるでヨガの大家のようなしなやかさと、何分も持続する長い余韻に圧倒されました。

お腹がポカポカと温かくなり、夕方の疲れ果てた身体がどんどん癒されていくのを感じ、これはまさしくオリーブオイルの神の雫だと感動しました。

こうなると、もう早く届いて皆様に喜んで頂きたい!となるのですが、しばらく段ボール箱が足りず、梱包ができずに難儀していたそうです。

しかし、遂にバリアーニ家から荷物が発送されることになりました。

現地2月4日までに集荷されるとのことです。

船便の予約がなされていますが、恐らく予定通りに航海できたとしても4月上旬、船が遅れると4月中旬から下旬に当社から皆様に発送ができるようになる見通しです。

船は、何度も出港延期及び遅延が起こるため、もはやその都度遅れるという連絡は来なくなりました。

現状、東京港3月13日着という船便のスケジュールが出ていますが、期待せずに待ちたいと思います。

段ボール箱もワインやオリーブオイル用の瓶も、現在アメリカから払底しているそうです。

バリアーニ家の友人であるナパのワイナリーでも瓶が不足しているためにボトリングができず、その間ずっと樽にワインを入れておかねばならないと聞きました。

コロナは、世界中に大きな影響を与えていますが、今年もバリアーニの素晴らしいオリーブオイルが味わえることに感謝して待ちたいと思います。

今後、船便の予定がわかり次第、また本メールでご連絡申し上げます。

バリアーニ オリーブオイルのご予約は以下のページから可能です。

2021年秋産のご予約はこちらから

エクストラバージン オリーブオイルのオーガニック品

当店でのおすすめ

エクストラバージン オリーブオイルは、オリーブオイルの最高ランクであり、オリーブオイルの中で最も信頼できる品質です。

当店で扱っているオリーブオイルは、全てエクストラバージン オリーブオイルです。そして有機認証取得品はスペインのスエルテアルタが製造しているオリーブオイルであり、米国のバリアーニのオリーブオイルは無農薬ですが、有機JAS認証は取得しておりません。

従い、当店ではエクストラバージン オリーブオイルのオーガニック品をお探しであれば、スエルテアルタをお勧めしております。それは、スエルテアルタには、他社にはない優れた点が3つあるからです。

 

その1 徹底した鮮度管理

スエルテアルタの強さは、新鮮さを確保する製造環境です。侯爵家が運営しており、収穫と製造の繁忙期に非常に多くの人が集まります。それは、果実収穫から搾油までを最短最速で行うためです。

当社が輸入するスエルテアルタのオリーブオイルは、果実の収穫後、自社の搾油製造設備まで最短で20分、最長でも2時間以内に搾油しています。

この企業努力は非常に地味ですが、オーナーである侯爵の陣頭指揮の元、まるで戦場さながらの緊張感であることを現地に訪問して私達が確かめています。

 

その2 優れた受賞歴

スエルテアルタは毎年数多くのコンテストに出品し、客観的評価を得ています。ピクアルとクパージュという2種類のオリーブオイルを製造しており、それぞれの受賞歴をまとめました。

2014年から2015年の受賞歴

ピクアルの受賞歴

スエルテアルタ ピクアル エクストラバージンオリーブオイル250mL(検索結果ページ)

・ ゴールドビオ賞及びベストパッキングビオ賞(単品種オリーブオイル2021)
・ イタリア オーガニックコンテスト特別金賞2021
・ DOPバエナ賞 銀メダル
・ イタリア 有機オリーブオイルコンテスト 銀メダル
・ スペイン 国際有機オリーブオイルコンテスト 有機部門金賞
・ 米国ロサンゼルス国際オリーブオイルコンテスト 銀メダル
・ スペインハエン オリーブオイル博物館コンテスト 最終選考賞
・ 英国グレートテイスト食品コンテスト 1スター
・ 日本オリーブオイルソムリエ協会コンテスト 銀メダル
・ イタリア 最も美しいオリーブオイル容器大賞受賞など

クパージュの受賞歴

スエルテアルタ クパージュ エクストラバージンオリーブオイル250mL

・ Mario Solinas 2021 ファイナリスト
・イタリア オーガニックコンテスト2021 特別金賞
・リベリア EVOOコンテスト2021 96点グランメスキータ賞
・チューリッヒ オリーブオイルコンテスト2021銀賞
・ Cinve2021 ゴールドディプロマ賞
・スペイン国家最優秀エクストラバージンオリーブオイル特別賞2020
・ DOPバエナ賞金メダル
・イタリア 有機オリーブオイルコンテスト 金メダル
・イタリア国際食品展オリーブオイルコンテスト 最優秀賞
・ニューヨーク 国際オリーブオイルコンテスト 金メダル
・フランスグルメオリーブオイルコンテスト グルメ金賞
・スペインハエン オリーブオイル博物館コンテスト 選考賞
・スペインコルドバ 議会主催オリーブオイルコンテスト 最終選考賞
・中国国際オリーブオイルコンテスト 金メダル
・フランス国際オリーブオイルコンテスト 銀メダル
・スペインDOバエナ地方産オリーブオイルコンテスト 金メダル
・イスラエル国際オリーブオイルコンテスト 最優秀金メダル
・ドイツ世界ベストオリーブオイルコンテスト 最優秀有機オリーブオイル同世界10傑選出
・英国グレートテイスト食品コンテスト 1スター
・日本オリーブオイルソムリエ協会コンテスト 金メダルなど

コンテストもお金さえ出せば出品でき、誰でも賞がもらえるようなものから、権威あるものまで様々であるため、非常によく選んでいるとのことです。

 

その3 高い透明性(transparency)

スエルテアルタが取得しているのは、有機認証だけではありません。オリーブオイル業界は、ニセモノに満ちており、古いオリーブオイルを新しいものと偽わるか、他の農園で採れたオリーブを使って自社製と偽るか、エクストラバージン以外をエクストラバージンとして偽るかのいずれかの不正をする企業が多くあります。

そういった者達とは違い、スエルテアルタは公正さ・透明性の高さを、対外的に自ら考え得る全ての方法で示す努力をしてきました。

バエナDOとSIQEV

バエナDO(左)とSIQEV(右)のシール

製品ボトルには、2つのマークが付いています。一つはスペイン、アンダルシア州コルドバ、バエナ地区のDOの認定シール、もう⼀つはボトルの⾸にあるSIQEV(シーケーヴ)シールです。DOバエナ認定は、貯蔵タンクのオイルを外部機関が化学分析し、第三者の8⼈の公式オリーブオイル鑑定⼠が官能鑑定評価を⾏い合格したオイルだけに与えられます。

SIQEV(シーケーヴ)は、他社農園の果実を使わずにオイルを製造し、第三者機関を通じて品質検査結果を適宜公開するスペインのQvExtra メンバーによる騎士団のような気高き集団です。SIQEVマークは、賞味期限内の品質保持を保証しています。

※偽装防⽌のため、バエナDOマークとSIQEV シールには個別識別番号が印刷されています。

このような透明性の高さは、他に類を見ません。

気位の高い、誇りを持って作り続けるスエルテアルタの姿勢に打たれ、当店は日本総代理店として輸入を開始し、販売して参りました。スエルテアルタの素晴らしいオリーブオイルはオーガニックであると共に、こうした他にない3つの優位性があることをご理解頂けましたら幸いです。

スエルテアルタのオリーブオイルは、以下からご覧頂けます。

スエルテアルタ エクストラバージンオリーブオイル