Q&A

美味しいオリーブオイルとは、どのようなオリーブオイルですか?

美味しいオリーブオイルは、飲めるオリーブオイルです。
飲めるというのは、ジュースのようにごくごく飲めるということではなく、ショットグラスに注ぎ、二口、三口美味しく飲めるオイルです。酸化したオイルは、一口飲むと臭みが舌に残り二口目を飲むことができません。美味しいオリーブオイルは、新鮮で臭みがなく、爽やかな香りがあるのでので二口、三口と飲むことができます。

また、辛味や春野菜のような苦味が感じられれば、良いオイルの証です。その正体はポリフェノールです。ポリフェノールが多く含まれているということは、オリーブを収穫してから搾るまでに時間をかけなかったこと、製造過程でオイルに熱をかけたり空気に接触させて酸化をさせなかった事を示します。

この様な辛味があるオイルは、魚介類のクセを消し素材の味わいを引き出します。美味しいオイルは、オイル自体が美味しく、調理した食材の味を引き出すことのできるオイルです。
当社で扱うオリーブオイルは、爽やかな香りと辛味・苦味が特徴の飲めるオリーブオイルであり、食材の美味しさを引き出すことの出来る素晴らしい調味料です。
ページトップへ